読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生をゆるく楽に生きるためのブログ

本音で生きたら、いろいろと楽しくなってきた人のブログ。

MENU

自己否定をする本当の理由とは??

こんばんは。

本日は、元大学教員からフリーランスになった方が

主催している学生向けイベントに参加してきました。

 

いろんな学生がいてですね、

大学を3年間休学してて、将来の夢が百姓になるという人がいたり、

他には「自分なんてダメな人間だからチャレンジする権利すらないんだ」

みたいなことを言っている人もいたりと。

 

そんな時に、チャレンジできる人とできない違いとは何なんだろうか??

という疑問が出てきました。

 

もしかしたら、チャレンジできない人は、

自分が傷つきたくないという思いが強く、

事前に自己否定することで、

チャレンジしない言い訳にしているのかと思ったんです。

 

そんな疑問を解消するべく、

今日は自己否定をする意図について述べていきたいと思います。

  

この世で一番怖いのは、自分が傷つくこと

 

人って自分が傷ついてしまうことが一番怖いです。

僕も否定されて疎外されてしまうことを考えると怖いです。

なるべくみんなからイイねって

言われたいなっていう思いはありますし。

 

人は、自分たちが人という特別な存在ではなく、

サルの一種であり、安全を確保して安心するために

群れる習性があることを知らなければなりません。

引用:人間が群れを形成するための本能的な行動 

 

遠い昔では、集団行動をしないと

死に至るという状況でした。

その名残が今も残っており、

自分が傷ついて集団から外されることが、

とても恐怖に感じられるのかもしれません。

 

 自己否定すると群れから外されなくて済む

 

人間にとって群れから疎外されることって、

本当に怖いことであり避けたいことなんです。

 

実は、この群れから外されないための対策手段が自己否定なんです。

自己否定をすると自分が傷つかないで済むんです。

 

自己否定をするということは、

自分なんてダメな人間だって思い込む行為のことです。

他の言い方で言うと、

自分を蔑むというふうにも言います。

 

自己否定をすると、

行動することや自分の考えを発信することを避けることができるんです。

自分の考えを隠すことで、

誰からも非難されない状況を作ろうとしているんです。

 

ちょっとここで嫌われる勇気の内容を引用してみたいと思います。

 

哲人:短所ばかりが目についてしまうのは 、あなたが 「自分を好きにならないでおこう 」と 、決心しているからです 。

自分を好きにならないという目的を達成するために 、長所を見ないで短所だけに注目している 。

まずはその点を理解してください 。

 

青年:自分を好きにならないでおこうと決心している ?

   

  中略・・・・・・

 

哲人:あなたは現在 、自分の短所ばかりが目について 、

なかなか自分を好きになれないとおっしゃる 。

そしていいましたね ?

「こんなひねくれた男となんて 、誰も付き合いたくないだろう 」と 。

もうおわかりでしょう 。

なぜあなたは自分が嫌いなのか ?

なぜ短所ばかり見つめ 自分を好きにならないでおこうとしているのか ?

それはあなたが他者から嫌われ 、対人関係のなかで傷つくことを過剰に怖れているからなのです 。

 

青年:どういうことです ?

 

哲人:赤面症の彼女が男性から振られることを怖れていたように 、あなたは他者から否定されることを怖れている 。

誰かから小馬鹿にされ 拒絶され、心に深い傷を負うことを怖れている 。

そんな事態に巻き込まれるくらいなら 、最初から誰とも関わりを持たないほうがましだと思っている。

つまり、あなたの「目的」は、「他者との関係のなかで傷つかないこと」なのです。

 

青年 … …

 

 

ちょっと長いですがここまでです。

 

最初に、自分のことを否定したほうが楽なんです。

自分の考えを発信して他者から否定されるより、

自己否定をして何も言わないほうが精神的にいいんです。

 

僕の周りにもいました。

その人は美術をやっている人なのですが、

自分の作品を展示会にもっていえるチャンスがあったんです。

しかし、「自分はそんな身分じゃないから辞退する」って言っていたんです。

まさにこれは自分が傷つくのを避けているだけなのです。

 

事前に自分を下げておけば、

誰かからこんな作品クソだよねって言われることが防げるからなんです。

 

他人に迷惑をかけるのが嫌なのではありません。

自分が傷つきたくないだけなのです。

 

本当はありのままの自分を出していきたいけど、

それを出したらこのコミュニティから疎外されてしまうという恐れがあり、

それを避けるために、自分の考えは正しくないって思い込むんです。

 

自分はダメな人間なんだとマインドコントロールをするのです。 

このように、自己否定する意味は誰のためでもなく、自分のためなのです。

 

まとめ

 

自己否定する本当の目的は、自分を守るためです。

自分を守ることは人間の習性上、致し方ないことであるのは事実です。

ですが、自己受容という自分を下げずに自分を守る方法もあるってことも

知っておいてください。

個人的にはこっちの生き方のほうが本当に意味で楽だと思います。

 

本当に楽しく生きられるやり方を選びましょう。