人生をゆるく楽に生きるためのブログ

本音で生きたら、いろいろと楽しくなってきた人のブログ。

MENU

行動すれば成果はついてくる

 

行動しなくちゃ始まらない

戦略を考えすぎたり、計画を立てすぎたりして、行動できなかった経験はありませんか?

僕は結構あります。

 

以前、テレアポの仕事をやっていた時、電話するより戦略を立ててばっかりしていて、上司には「考えるより手を動かせ!」と言われ、よく怒られていました。

 

まぁ、当たり前ですよね。

良いアイデアを思いついても、一回も電話をしなかったら、アポイントが一件も取れるはずはありません。

 

でも、せっかくなら一発大きなことをしてやったるぞっ!!て考えてしまう私のようなタイプの人は、電話一回するなんて無価値なものだと思ってしまうんです。

行動の積み重ねよりも、ビックなアイデア。みたいな感じです。

 

ですが、先ほど述べた通り、アイデアを持っているだけでは結果はついてこないのです。

行動しなきゃ始まらないのです。

 

考えるの大好き人間の特徴とは? 

ちょっとここで、考えるの大好き人間が、どのような生態なのかを考えてみたいと思います。

Aさんに登場してもらいましょう。

 

Aさんは、会社員で現在は、営業チームに所属しています。

考えるのが大好きですが、行動することは嫌いです。

なるべく動くことを避けようとします。

 

あるとき、Aさんは上司から「売上をあげるためにどうすればいいのか。それを考えて月次までに数字を改善して欲しい。」と依頼されました。

 

Aさんは、考えると大きなことをするのが大好きなので喜んで引き受け、言われた次の瞬間に取り掛かり始めました。

 

「まずは目標値とのギャップを把握する必要があるな。そのためには現状の売上と目標の売上を確認しなくては。そして、そのギャップをを埋めるための施策を考えていくこともやらないといけないな。」

 

このように、Aさんはいろいろなことを猛烈なスピードで考え始めていきました。

しかし、考えているうちに、

「施策の効果測定の準備もしなくちゃな。いや待てよ、そもそも営業チームはなにを目指しているんだっけ。」とかをごちゃごちゃ考えていってしまったのです。

 

そんなことを繰り返しているうちに、1週間が経過、そして1ヶ月が経過していきました。 

1ヶ月後の結果はなんとなく想像できますよね。

 

そうです。結局一度も施策をうっていないのです。

当然のことながら、行動を全くしていないので、数字改善もなされてはいません。

ですし、何も学びを得ることはできていません。

 

つまり、一ヶ月前と同じ状態なのです。

この一ヶ月間、費やしてきた時間はほとんど無駄になってしまいました。 

今まで考えてきたことや計画が全てパーです。

なにも価値を生み出していません。

 

結果の裏には原因が必ずある

このように、考えすぎてしまう人は自らの首を絞めてしまって動けない状態になってしまうのです。

その結果、行動数がかなり減少してしまうのです。

 

何事も結果の裏には原因があるのです。

この世には因果の法則というものが存在しているので、動けば結果は出るし、動かなければ結果が出ません。

ですので、考えすぎて行動できないタイプの人は、成果を上げられない可能性が大きいです。

 

じゃあ、どうしたら行動できるようになるのかってことなのですが、

それは次の記事で書いていきたいと思います。