読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生をゆるく楽に生きるためのブログ

本音で生きたら、いろいろと楽しくなってきた人のブログ。

MENU

好きなことを探すならクラウドワークス

一度きりの人生、どうせなら楽しくいきたいですよね。

やりたいこと毎日やれるような生活なんてできたらハッピーです。

 

しかし、やりたいことがなかなか見つからないのです。

特に経験のない学生には、やりたいことなんて見つけることはとても困難です。

好きなことをし続けて生きたほうが楽しいってわかっているけど、結局は、好きなことがわからなくなってしまい諦めてしまうというパターンが多いかと思います。

自分のキャリアを大切にしたいと思ってはいるのですが、なかなか思い通りに進まないのです。

 

今日は自分の人生を無駄にしないために、好きなことの見つけ方について書いていきたいと思います、

 

好きなことを見つけるには? 

好きなことが見つける方法は単純です。
それは経験量を増やせばいいのです。

経験量があれば自然と好きなことが見えてくるのです。

 

僕は今までにいろんなアルバイトをしてきました。

職種などを含めると、工場員やイベントスタッフ、飲食、家具屋、ホテルマン、営業、マーケティング、採用などです。

 

こうして経験量がどんどん増えてくると、自分に何があっていて何が不向きなのかがわかってきます。

例えば、ホテルマンの場合だと、良いところは、お客さんの反応がダイレクトで見れるので、喜ばせた時は「めっちゃ嬉しい!」とハイテンションになります。

逆に悪いところは、深夜まで働かなくてはならないところです。

ホテルは基本24時間やっているので、当番ごとで深夜勤務が訪れます。

僕はしっかり寝たいタイプなのでこれは本当に嫌でした。

時間に縛られたくない性格があるということに気がつきました。

 

また、営業をやり始めてからは、次第に人とコミュニケーションをとるのが好きではないことに気がつき、営業よりもマーケティングのほうが自分に適しているとわかってきました。

確かに、飲み会とかすごく苦手ですからね。

ちなみに、工場で黙々仕事をする機会があったのですが、僕は1人で黙々と仕事をする方が心地よいことに気づきました。

 

自然とやりたいことがみえてくる  

このように経験を積み重ねていくうちに、好きなことを取捨選択できるようになってきていたのです。

  1. 黙々と仕事できるもの
  2. 体を動かさないもの
  3. 時間に縛られないもの。 

この三つを組み合わせたのが僕のやりたいことだと思います。

僕は今マーケティングをやっているのですが、自分の望む働き方に全てフィットしていて、とても楽しく働けています。

 

逆に経験量が少ないと、今やっていることが果たして好きなのかが判断がつきません。

人生で日高屋のとんこつラーメンしか食べたことがない人が、日高屋のラーメンを本当に美味しいと核心を持って言えるでしょうか?

そういうことと同じです。

 

つまり、比較する材料(情報)を持ち合わせていないのです。

経験量が少ないとやりたいことがわからないのは当たり前の話なのです。

 

経験量が少ないと、自分のキャリアを無駄にしてしまう可能性があります。

経験量がないとなにが好きなのか嫌いなのかがわかりません。

つまり、キャリアを選ぶ際の判断軸を持ち合わせていないことを意味します。

こんな状況で就職先を選んでしまうならば、そのキャリア選択はギャンブルと同じです。

 

行動し続ければ好きなことは必ず見つかる

では、どうすれば経験不足を解消できるの?ってことですが、これも簡単です。

経験量を増やすための行動を増やせば良いのです。

 

例えば僕が実際に行ったやり方だと、学生中にインターンでいろんな職種をこなしまくるということです。

僕は約1年半のインターンくらいインターンをしていたのですが、この期間中に、営業、採用、研修開発、マーケティングをやらせてもらいました。

自分と同い年の人を採用してみたり、教師向けの研修資料を作ってみたり、テレアポをガンガンやったりなどです。

 

このくらい経験をしまくると、次第に自分にフィットする働き方がわかってきたのです。

そして自分が嫌だと思ったことを排除していったら、自然と好きなことを仕事にしていました。

ちなみに僕は営業が嫌すぎたので、仮に営業系の仕事が回ってきても徹底的に力を抜いています。

こんな風に、僕は自分に適する働き方を手に入れようと日々努力をしています。

 

しかし、僕のやり方には欠点がある。 

しかし、このやり方の欠点が一つあります。

会社に入るとずっと同じ部署で働く可能性があるということです。

 

僕の場合、たまたま運が良くて、ポジションを良い感じに変えて仕事ができましたが、なかにはずーっとセールスをやっている仲間もいました。

これでは、せっかく一年間時間を投資したのに経験量が増えなくて、やりたいことが明確になってきません。

 

クラウドソーシングで好きなこと見つけよう

そこで、オススメなのでクラウドソーシングで興味のある仕事をやってみるというやり方です。

 

f:id:yanomekeita:20161005233209p:plain

 クラウドソーシングとは、インターネットを利用して仕事をしてくれる人を探すプロセスのことです。

ウェブサイトを作りたいんだけど誰かやってくれませんかーっていうのを、インターネットを介して募集するやり方のことです。

 

これは日本最大級のクラウドソーシング【クラウドワークス】 というクラウドソーシングのプラットフォームを提供している会社の画面です。

 

f:id:yanomekeita:20161005232832p:plain

 

このように、クラウドソーシングでは記事作成などの仕事を多数受け付けています。

また、その他にもwebマーケティングやプログラミング、デザインの仕事など、幅広く扱っていますね。

 

クラウドソーシングの活用法とは?

ここで活用法なのですが、 現段階で興味のある仕事に小遣い稼ぎに申し込んでみるのが良いと思います。

ライターを目指しているのなら、ここで一件仕事をこなしてみましょう。

遊びじゃなく、対価が発生するので、仕事としての物書きという経験をすることができて、本当にこれがやりたいのかどうなのかが肌感覚でわかるかと思います。 

webマーケティング系なら、軽い案件もかなり豊富に揃っているので、もし悩んでいるなら案件だけでも見てみると良いかもですね。

本当にやりたければきっとそのために準備しますからね。

 

ましてや、キャリアで悩んでいて早めに結論を出さなくてはならないなら、クラウドソーシングで仕事をやってみるのがおすすめですね。

そんなにハードルは高いものではないものになってきていますから今がおすすめかもですね。
いまじゃ、主婦の方もクラウドソーシングで仕事をこなしているくらいですからね。 

 

間違っても僕みたいなやり方をしないほうが良いと思います。

時間かかって仕方ないですし、ギャンブル的な側面もかなりありますからね。

 

もしやるなら、日本最大級のクラウドソーシング【クラウドワークス】 っていうサービスもあるのでぜひ参考にしてみてくださいね。